ぽっこりお腹は服装で隠せる?お腹が目立たない5つの着痩せコーデ

フィック錯視

正しい着こなしをマスターしないと、高価な洋服を着ても意味が無いんです。

あなたは日々の洋服のコーディネートに自信がありますか?

自分に最も似合う着こなしを把握できていますか?

実は、多くの20代~50代女性が、”顔や体型に合った装いができていない”という現状があります。

ではどうやって正しい着こなしを身につけるのか。

最も手っ取り早いのは「エアークローゼット」というファッションレンタルアプリを使って、

プロのスタイリングを格安で受けることです。

プロのアドバイスを受けて着こなしをマスターすると、自分の容姿・スタイルにも自信が付きます。

それに伴って、周囲の評価も確実にアップするはずです。

エアークローゼットは今なら全額返金キャンペーンをやっています。

返金制度は今後無くなる可能性があるので、リスクゼロでお試しするならお早めにどうぞ。

\3000円オフになる招待コードはgY8QG

ぽっこりお腹が気になってしょうがない!

でもダイエットじゃ間に合わない!

大丈夫です。ファッションですぐにでも、そのぽっこりお腹を目立たなくさせられます。

年齢とともに、体型に関するお悩みが増えていくのは避けようのないことです。

だからこそこの記事を読んで、体型の悩みをカバーするコーディネートを今すぐマスターしてしまいましょう♪

きっと外出するのが楽しくなるはずです。

お腹を目立たなくさせる服装3つのポイント

1.基本のシルエットでメリハリをつける

2.ウエスト位置を上げる

3.縦のラインを強調する

これらの3点を抑えるだけで、簡単にぽっこりお腹が目立たないスタイルが完成します。

それでは実際に3つのポイントを抑えたコーディネート例を見ていきましょう。

ぽっこりお腹を隠す5つの着痩せコーディネート

ボリュームトップス×すっきりボトムスのYラインシルエット

上半身にボリュームが有り、下半身がすっきりと細いシルエットのことを「Yライン」シルエットと言います。

Yラインを作ることで、全体のシルエットにメリハリをつけつつもお腹周りを自然とカバーできるんです。

おすすめのコーディネートは、幅のあるジャケットやコートをトップスに持ってきて、下半身はスキニーやかなりタイトなスカートなどですっきりと見せること。

その際に、ウエスト位置ができるだけ上に来るように、丈の短いトップスを選びましょう。

ドルマンスリーブやスキッパーシャツなどでトップスにボリュームを持たせるのもおすすめです。

ストライプやプリーツで強制的に縦ラインを作る

フィック錯視

上の図を見たことありますでしょうか?

パッと見た感じ、Bのほうが細長く見えますよね。

ですが、AとBの長さと幅は実は同じで、これをフィック錯視と言います。

このように、縦のラインは物体を細長く見せるのに、想像以上に有効なんです。

この錯覚現象をファッションに応用するための具体例として、最も手軽なのがストライプ柄を取り入れること。

ストライプシャツの襟元を少し開けて着るのがおすすめです。

首や鎖骨を露出することで、より上半身をすっきりと見せることができます。

また、プリーツもストライプ同様に、縦のラインを作るのにとても効果的です。

Vネックで抜け感を作ってすっきり見せる

コーディネートに「V」のシルエットができるだけで、縦長にみせて全体をすっきりと細く見せられます。

Vネックトップスで鎖骨を見せると、抜け感が生まれます。そこに視線を集めることでお腹周りを目立たせなくする効果も。

ベルトマークでウエスト位置を高くする

高い位置にベルトマークをすることで、ぽっこりお腹から視線を逸らせましょう。

ロープベルトなどの装飾のあるベルとだとなお効果的です。

柄物を着てシルエットを目立たせない

柄物のアイテムは、全体のシルエットを曖昧にする作用があります。

大きめの柄物がより効果的です。

ボトムスに柄物を取り入れることで、上半身から視線をそらす効果もあります。

その際に合わせるトップスは、シンプルな白のカットソーやシャツがおすすめです。

上半身の存在感を薄くするように心がけると、ぽっこりお腹が気にならない仕上がりになります。

まとめ

焦ってダイエットせずとも、コーディネートを工夫するだけで気になるお腹周りをカバーする方法がこんなにもあるんです。

今回紹介した着痩せコーデは、お腹周りに限らず、スタイルをよく見せるための普遍的なテクニックなので、ぜひマスターしてみてください。

ファッションを味方につけて、加齢による体型の悩みをどんどん克服していきましょう。

そうすることで必ず周りの女性と2歩も3歩も差をつけることが可能になりますよ♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする