男ウケする服装をしてはいけない!理由と本当にモテるファッションを考察

男ウケ

実はコレ、めちゃくちゃ流行っているんです。

ママ会で着る服を買いに行く暇がない!

婚活イベントやデートの度に服を揃えていたら金欠に!

女性なら誰しも見に覚えの有るシチュエーションですよね。

時間もお金も節約したいけど、ファッションには手を抜けないというジレンマ….。

実は、そんなお悩みをあっという間に解消するサービスがあるんです。

それが「エアークローゼット」という、ファッションレンタルアプリ。

・スタイリストがイベントに適したコーディネートを提案してくれる

・届いた洋服を着るだけでオシャレな格好ができる=時短になる

・定額で1ヶ月に何度でも借り放題=毎回洋服を購入するのと比べてコスパが良い

みんながどんどん利用しているこのアプリ、知らないとやばいですよ!

今なら全額返金キャンペーン中で、リスクゼロでのお試しが可能です。

\1000円オフになる招待コードはgY8QG

あなたは今まで、

 
「モテるためには男性ウケするファッション、つまり見た目が大事!」
 
と誤解していませんでしたか?
 
 
 
まず初めに言っておきますね。
 
それらは全くの勘違いであり、世間に刷り込まれた嘘です。
 
 
男性から見て「女性とみなせる」という最低限のボーダーラインが存在するのは事実です。
 
あまりにもだらしない格好や、女性らしくない格好が男性のアンテナにひっかからないというのは仕方のないことです。
 
女性云々の前に人間性を疑われかねないからです。
 
でも、巷では「男ウケが悪い」と言われている格好をしていても
モテまくっている女性はいくらでもいます。
(芸能人でいうと、「蒼井優」さんとか)
 
逆に、あなたが男性ウケの良い格好をしていて、本当に男の人にモテてきましたか?
モテていたとしたら、本当に服装のおかげですか?
 
今回は、世間に氾濫している「男ウケ」についての誤解を解いて、
あなたがモテるためにはどうしたら良いのか、という本当のことをお教えしますね。
 
もしかしたら読んでいて不快な感情を抱く方もいるかもしれません。
でも、不快になるということはそれが図星であるという証拠でもあります。
覚悟してお読みいただければと思います。
 
 
スポンサードリンク

 

男ウケする服装をしてはいけない理由

理由①飾らない姿に男性が好感を抱くから

飾らない
 
ここで言う【飾らない】とは、オシャレをしないという意味ではなく
 
「自分の気持ちに嘘をつかない」
 
「良く見せようとしない」
 
という意味です。
 
 
婚活パーティーや合コンなど、初対面の男女が出会う場を想像してみてください。
 
一人の女性が個性的で尖っている格好をしていたとしましょう。
 
世間で言われている「男ウケ」とは真逆の格好です。
 
 
こんなとき、「近寄りがたいなー」とか、「ちょっと引く」と思う男性は多いと思います。
 
 
それでも実際に話をしてみて、
 
あけっぴろげで愛嬌があったり
 
気遣いのできる優しい子だったりすると、
 
いつの間にかその女性に好感を抱いてしまっていた、なんてよくあることなんです。
 
 
というか、むしろ無難な格好をしているときよりも、よりその女性に興味を抱く可能性があります。
 
なぜならそこにギャップが生まれているから。
 
だって、一見近寄りがたい見た目の女性が、実はすごく話しやすかったり価値観が合ったりすると、意外だな!と思いはするけど、悪い気はしないじゃないですか。
 
 
もう一つ、「男性ウケの悪い」服装の代表例として、
 
高そうな服や小物で武装しているような女性の場合…
 
・常にニコニコしている
 
・めちゃめちゃ気が利く
 
 
となると、女性に対する印象はプラスに転換するであろうことは容易に想像がつきますよね。
 
第一印象でマイナスに偏っていたとして、その分好意の上昇度はかなり高くなります。
 
 
これがギャップが大事と言われる理由です。
 
怖そうな男の人が捨て犬に餌を与えている姿を見て「いい人!」ってなるのと同じです。
 
 
この理屈からいくと、ギャップを演出するのに服装は使えるとなりませんか?
 
 
ただし、あくまでも自分のしたい格好を貫くというのが大事なポイントです。
 
その上で、ありのままのあなたをさらけ出してみる。
 
男性はそんな飾らないあなたに対して、まずは”人”として好感を抱くはずです。
 
 

理由②男ウケを狙う=媚(こび)だから

男性ウケを狙う=媚
 
人は相手の行動や態度に媚びを感じると、不信感を抱いてしまうものです。
 
その不信感に本人は自覚がないことも多いです。
 
でも、違和感となってあとあとまで尾を引くものなんです。
 
 
「なんか信用できない女だなー」
 
「自分は獲物として見られてるんじゃないか」
 
「男を落とそうと考えているな」
 
 
そういった戦略を無意識に嗅ぎ取っている。
 
男の人って案外デリケートなんです。
 
 
極端な話ですが、自分を騙そうとしている女性を、純粋に愛する対象として見られるでしょうか?
 
(女性の側に騙そうという自覚がない場合も多々あります)
 
男は女性の体を欲しがる【性欲】
 
女は男性の愛を欲しがる【自分の価値を認められたい】
これは人間の生物としての本能的で理にかなった欲求なので改めて説明するまでもない事実です。
 
ただしこれをトレードオフと考えてはいけないんです。
 
なぜかというと、それは所詮利己的な欲求だからです。
 
お互いに貪り合った後にはその関係は終わってしまいます。
 
そんなお互いに消費しあうだけの関係なんて悲しいですよね。
 
これがあなたの望む恋愛関係ではないはずです。
 
 
人間って、男女問わずに本当はお互い愛し合う相手を求めているものです。
 
これこそが人間に備わったもっと高次で根源的な欲求です。
 
 
「男の人は身体だけが目当てなんでしょ」
と思っている女性も中には居ます。
 
でも、この考えは当たっていません。
 
男の人ほど、ただ一人の愛する人を欲しがっているものだからです。
 
女遊びの激しい男性も同様です。
 
大抵は、心から愛することのできる女性を探し求めて、夜な夜なハンティングをしているんです。
ただ、男ウケを狙っている女性が多い現状では、なかなか目的を達成できない。
 
これが現実です。
 

媚を感じると男性は警戒をするor軽蔑する

女性慣れした男性なら、相手の女性を軽蔑しつつも上辺だけは優しくします。そして美味しいところだけ持っていく。
 
恐ろしいですよね。
 
なので、男性ウケする格好をすることはイコール自爆に繋がると認識するのが大事です。
 
ただし、誤解しないでいただきたいのが、単に男性ウケする服装が問題なのではないということ。
 
そのマインドが問題なんです。
 
こんな仕草や言動に男性はときめくはず
男性はこんな格好が好きなんでしょ?
 
この考え方、男性を馬鹿にしていませんか?
 
人は見下されていると感じると、相手のことも見下したくなるものです。
 
だから、「男を落そう」としている女性は遊ばれてしまうんです。
 
これ、単に仕返しされているだけなので被害者ぶるのはお門違いだと思いませんか?
 
 

スポンサードリンク

 

理由③男ウケする服装をすることは、男性へのサービスではなく、あくまでも自分の利益のためだから

あなたが男ウケファッションをするとき、対象である男性を純粋に喜ばせようという気持ちから生まれるものなら問題ないんです。
 
その場合は、媚ではなく男性を立てるといいます。要するに相手へのサービスですね。
 
 
でも、
・男性ウケしたい
・モテたい
は自分のことしか考えてないでしょう。
 
そんなのは薄々相手に感づかれてます。
 
逆の立場だったら嫌じゃないですか?
・マニュアル本見て女を知った気になってる男とか
・モテテク披露してくる男とか
 
どうして嫌なのかというと、その男が最終的に自分の利益のためにやっていることだからです。
 
男の場合は性欲のため
女の場合は愛されて自分の価値を認めてもらうため
 
そんな男性を嫌悪しつつ、結局は自分も同じことをやっているんですね。
 
でも残念なことに、相手のためなのか、自分のためなのかって、必ず伝わってしまうものなんです。
 
 

本当の意味でモテる(愛される)ための秘訣とは?

モテテクを使わずに、人間対人間としてきちんと向き合う

男の人ときちんと純粋な恋愛関係を築きたいと思ったら、人として誠実に対応することが一番大事です。
 
自分をごまかさない。
 
要するに、モテテクを使わないということです。
 
モテテクとは誠実からは程遠い行為だと思います。
 
きちんと人間対人間として向き合ってみてください。
 
 
「いい女」と思われるのではなく
 
「いい人」と思われる
 
人間として好かれることを目指してください。
 
それが相手の心を離さない、本当に愛されるための秘訣です。
 

人として好きになった女性を男性は手放さない

男性が、女性のことを人として好きになるのは稀です。
なぜなら、そう思える女性が少なすぎるからです。(女性が好きな男性に対して、自覚なく媚びるから)
 
でも、「お、良い女だなー」と思う女性は山ほどいるんですね。
 
これこそが、女性が身体を許したあとに捨てられてしまう悲劇の根本的な原因です。
 
 
男ウケとか気にせず、媚を売らない、そんな稀なる女性に出会って人として好きになったら、男性は生涯の伴侶として女性を見るようになるはずです。
 
だって人として愛してしまったら離れる理由がないじゃないですか。
 
逆に、男性が離れていってしまうのは、人として愛されていなかったからとも言えると思います。
 

好きな服装をすることこそが、女性を一番輝かせる

ただ、男ウケする服装が一概に悪いのかといえば、そんなことはありません。
 
”自分が好きな服装がたまたま男性から受けが良いもの”
 
これなら問題ないです。
 
 
男性に媚るのではなく、自分のしたい格好をして、思う存分ファッションを楽しみましょう。
 
自分の好きな服装をすることは自信につながります。
 
自信がある人は得てして魅力的に映るものなんです。
 
 

自分のしたい服装をする=結果的にモテる

自分のしたい服装をする
 
 
質問です。
 
人が好きだ!って強く思う対象って
 
①無難で万人受けするもの
 
②クセのあるもの
 
どちらだと思います?
 
 
おそらく後者と答える人が多いですよね。(その前提で進めます)
 
ということは、あなたが本当にしたいファッションはどこに行っても見かけるようなありきたりの服装じゃないはずです。
 
きっと自分の好みのテイストがあるんです。
 
それを追求してみる。
 
そして、男性との出会いの場にもその服装で挑んでみる。
 
ではそれがなぜ得につながるのか、を今から説明します。
 

人と違うことをやると得をする

キングコングの西野さんは、著書の中で
 
「人と違うことをやって得をしたことしかない」
 
と何度も仰っています。
 
他の人が揃って同じことをしてくれると逆にチャンスとすら思うと。
 
西野さんがキングコングとして活動を始めたばかりのころ、先輩も含め周りの芸人さんは誰もが「ダウンタウン」のようなスタイルのお笑いをしていたそうです。
 
それを見て、戦略的に真逆のスタイルで勝負をした結果、
キングコングは漫才コンクールを総なめにすることができました。
 
 
「どうして周りと違うスタイルの漫才をしただけで優勝できるの?」と思いませんか?
 
からくりはこうです。
お客さんからすると、「同じようなスタイルAの9組と、違ったスタイルBの1組」に見えるんですね。
結果、AとBではどちらが面白かったかという印象になります。
 
全10組なので本来勝率が10%のところ、意図的に勝率50%の勝負に持ち込むことができるということです。
そうすると、Aのスタイルの人たちは、勝率が50%の9分の1、つまり5%程度になります。
このロジックだと、Bの戦略を取ればほぼ確実に優勝できるということになります。
 
西野さんはさらに、オリンピックのエンブレムの審査会でも同じことが起きていたと続けています。
これがまたものすごくわかりやすかったので簡単に説明しますね。
 
最終候補が4案残ったうち、3つはカラフルで動きのあるデザイン、ひとつはモノトーンでした。
さきほどのロジックに当てはめると、モノトーンの勝率は50%ですよね。
 
さて、選ばれたデザインはどれかもうわかりますよね。
当然、モノトーンです。
これを読んだ時、目からウロコが剥がれまくりでした。
 
これって、出会いの場での服装にも言えることじゃないでしょうか?
 
あなたは日頃から浮かないように、外さないようにしすぎて、自分でチャンスを潰してないですか?
 
男ウケを狙った格好をするというのは、無難な格好をするということ。
それは結果的に人と差別化できないとも言えます。
 
 
これらの理論を婚活の場で当てはめてみると…
 
みんながシフォンスカートに白のカットソーとかのいわゆる「男ウケファッション」をしているなか、気にせず自分らしい格好(人と違う格好)をする。
 
結果、
 
男ウケの格好してる女達VS個性的な格好の女
 
という図式になります。
 
この時点で勝率50%に持ち込めているんですよ。
 
 
ここで、「個性的な格好してるような変わった女はいやだな」
 
と思われてもいいんです。
 
だって全員からモテる必要はないですよね。
 
 
そんな中でも自分らしい格好をしたあなたを選んでくれる人がいるはずです。
 
 
「みんなと同じ格好しているつまらない女はいやだ」
 
という男性も意外といるものです。
 
もしくは、他の女性達とは違うように見えるあなたに、純粋に興味を持ってくれるかもしれないんです。
 
 
 
これを男女逆の立場で考えてみると、
 
スーツの男性4人VS金髪でダメージデニムの男性1人
 
 
この5人から選ぶとしたら、あなたの中で強制的に2択になりませんか?
 
・スーツを選ぶか
・金髪ダメージデニムを選ぶか
 
「金髪でダメージデニムはないわー」
と思っても、少なくとも印象には残るはずです。
 
私だったら、「喋ってみたら面白いかも」
と好奇心がくすぐられちゃいます。
 
 
「いや、私は絶対にスーツから選ぶ」
 
という人はそれはそれでいいんです。
 
だって、金髪男はありのままの自分を見せることで、自分に関心を持つ人とだけ繋がれて、
金髪ダメージデニムが嫌いな女の人とのミスマッチを防げるわけですから。
 
これって結果的に得しかしてないですよね。
 

自分を大切に扱っていると、男性からも自然と大切にされるようになる

人と違う格好が良いと言いましたが、無理に個性的な格好をしろということではないので誤解しないでください。
 
ただ、自分が本当にしたい格好をしていたら、他の女性とはあまり被らないはずです。
 
 
 
いきなり趣味全開は勇気が出ない、という場合は、
部分的に小出しにするということから始めてみてください。
 
ヴィンテージが好きなら小物で取り入れる
 
アウトドア好きならスポーティな時計やアウトドアブランドのリュック
 
ハイブランドファッションが好きならパンチが効きすぎていないシンプルなデザインのアイテムを選ぶ
 
などなど。
 
 
とにかく、自分が好きじゃない格好を無理してしない、を心がけてください。
 
そうやって自分を大切に扱っていると、男性からも自然と大切にされるようになります。
 
好きでもないのに男ウケする格好をして自分を粗末にすると、人からも粗末に扱われるんです。
 

まとめ

いままで人の目を気にしてファッションを楽しめなかった、
 
世間で良いと思われてるものに価値を見出していた人は、
 
これを機会に自分の好きなものを知ってください。
 
それが幸せへの最短ルートです。
 
 
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする